邪 馬台国とは何か
邪馬台国はどこか(通説紹介。・・傾向と対策)






こんにちは!久々!いやー、ホームページの作り方を忘れてしまって・・
なんでしたっけ、あ、邪馬台国でしたね!


    邪馬台国がどこにあったかを証明するには、

  1. 卑弥呼の墓を掘り当てる。
  2. 魏から貰った品物、鏡、絹を掘り当てる。
    決定的なのは「親魏倭王」の金印の出土。
  3. 「魏志・倭人伝」にある朝鮮半島から邪馬台国までの道順を矛盾無く解読する。
このうちのひとつを成功すればいい、と考えました。
しかし、
「卑弥呼の墓があったってそこは邪馬台国とは限らない、なぜなら邪馬台国は動いていたから」
「だから金印が出土してもそこが邪馬台国とは限らない。魏の土産物も日本国中にばらまかれていたはずだからそれが見つかったところが邪馬台国とは限らない」
「道順の記述が矛盾なく解釈出来ることはあり得ない」
などという凄い意見があることを知り、やる気をなくしました。いやいやこれは奥深い・・。

諸先輩方の意見を覗いてみます。どのように考えて邪馬台国の位置を比定したのでしょうか?




道順地図

赤い矢印が魏の使者の進路です。
帯方群から船で朝鮮半島の南端へ、
その後海を渡り対馬へ、
そして北九州松浦半島(松廬国)に上陸、伊都国(糸島半島)に陸行・・
このへんまでは間違いないようです。その後が問題。




諸 説紹介
諸先輩のいろんな説、このへんが私の好きなところです。
参考になると思えるところにチェックを入れました。


ジャワ説
邪馬台国は本当はジャバダイコクと読む
だからジャワなのだ。
「魏志・倭人伝」によると、倭人は入れ墨をしている、
そして気候は暖かい」とある。
そういうところは、ジャワなのだ!ジャワに決まっている。
「仏国記」法顕伝に「耶婆提(じゃばたい)」とある。
どうだ!ジャワが邪馬台国だあ!

この説は東洋学の権威、内田吟風氏のもの。
しかしどうやらシロウトが邪馬台国邪馬台国と騒ぐので、それを揶揄して作った説だったようです。涙。
エジプト説
「魏志・倭人伝」に邪馬台国は7万戸とあり。当時中国にもこんな大都市はなかった。そのような大帝国はエジプトだけであった。

だからエジプトなのだ!

古代地中海こそ日本民族の発祥地、だと仮定する。
高天原はアルメニア地方だと仮定する。
日本神話、日本書紀の系譜を古代地中海文化にあてはめる。
「魏志・倭人伝」の帯方群を北部イタリアにおいてみる。そこからたどってみる。そこに旧約聖書やギリシャ神話、ローマ史をとりいれる!・・そうするとエジプトになるそうです。
明治時代に出た説です。
南国のどこか説

「魏志・倭人伝」の示す通りに邪馬台国に向かうと日本列島を越え太平洋に出る。
だから邪馬台国はハワイだグアムだ。オーストラリアだ。

これは素直なようで、同じ「魏志・倭人伝」の記述、
「(倭は)会稽東冶の東にあり
を無視することになってしまいます。
八幡平説
昔の中国の人は日本列島の東と南を勘違いしていた。それを修正すると邪馬台国は岩手県あたりになる!
よく見なさい!今でもあるじゃないかヤマタイが。
八幡平・・おおお!ヤマ、タイと読めますね!
「畿内説」の根拠のアレンジです。

しかし、「魏志・倭人伝」の邪馬台国への道順は間違っている、あるいはわざとボカしてあると考えるべきでしょう・・
ムー帝国説
邪馬台国は沈んでしまった、だからもう見つからん、諦めろ!
・・というのは思い切りがよくて好きです。




  • 本当はジャバダイコクと読む
    確かに、普通に読めば「邪馬台国」は「ジャバダイコク」です。

    なんと読むか、大事です。
    「邪馬台国」という文字は、倭人がそのように発音をしたのを聞いて、魏の人が勝手に漢字をあてたものでしょうか。
    「邪」という、いい意味ではない漢字を使ってます。失礼です。だいたい「倭」の意味が「従順で遠くにいて醜い」ということらしいす。

    魏の人は倭人の発音をはっきり聞き取れていたのかどうか・・「邪馬台国」を今の中国の人に読んでもらうと、「ヤマダィ」とか「シャーマーダイ」という感じになるそうです。

    本当は邪馬台国ではなく、邪馬壱国(ヤマイチコク)の誤りであるという説もあります。その邪馬壱国を中国の人に呼んでもらうと、
    「イマイチ」「ヤバイ」「ヤメイ」などとなるそうです。
    なんと、「いまいち」「やばい」「やめい!」です。とほほ。

  • 倭人は入れ墨をしている
    これ、私はすごく気になってます。
    入れ墨の風習がある人達を探せばいいのです。当時の中国の人にはなかったようで。朝鮮半島の人はどうだったか?
    ほぼ沖縄と緯度を同じくする会稽、東治の人間は、入れ墨をしていたようです。

  • 気候は暖かい
    「魏志・倭人伝」には「倭人は海に潜って魚を捕る」「冬でも野菜が食べられる」などとあり。
    となると東北地方は邪馬台国候補地から外れてしまう?
    当時の日本列島は軽い氷河期、氷期を抜けたばかりであったという説もあり。となると九州だって寒かった!?

  • 耶婆提(じゃばたい)
    「ヤマタイコク」と発音が同じだったり似ている地名は要チェック。だからレゲエのジャマイカも邪馬台国の有力候補地です!

  • シ ロウトが邪馬台国邪馬台国と騒ぐ
    確かに私のようなシロウトが、この国の大元であるかも知れない邪馬台国を嗅ぎ回る事は不遜な行為かもしれません。しかしタブーにしてしまうのも変。

  • 日本神話、 日本書紀
    『いにしえにあまつちいまだわかれず・・』・・・「日本書紀」(720年に成立)はこの国最初の歴史本。「古事記」と共に、当然研究の必要ありです。でもこれもインチキばかり書いてあるという話もあります。

  • 八幡平
    こちらは鯨統一郎さんの小説「邪馬台国はどこですか」からいただいたネタです。八幡平を「ヤマタイ」と読ませたのはなかなか衝撃的でした。
    似た発音の名称に注意です。でもなんでもかんでもコジツケるのは危ない。例えば「英語の基本は日本語だ」という冗談があります。
    [new]=[nii(新)]、[name]=[namae(名前)]、[kill]=[kiru(斬る)]、[boy]=[boya(少年)]など、
    このように多数の似た発音が証拠である!と。
    こうなるともう何とでも言えちゃいます。
    「愛因斯坦」「林肯」・・・なんと読むか。中国ではそれぞれ「アインシュタイン」「リンカーン」だそうです・・

    ついでに。
    これは1402年に朝鮮で作られた(と、言われている)地図【混一疆理歴代国都之図(こんいつきょうりれきだいこくとのず)wikiにリンク】を私が真似て写したものです。
    地図2
    本州は九州の南にあり四国は小さく北海道はありません。
    もし陳寿もこれと同じような地理感を持っていたとしたら・・・
    確かに「魏志・倭人伝」の記述の「南」は「東」になります。
    でもこの図は「魏志・倭人伝」間違った記述をそのまま信じて描かれたものかもしれません。「魏志・倭人伝」を信じて描くとこうなっちゃうぜ、という皮肉かもしれません(!)。右端のスペースがなくなってしまったため、仕方なくこのように描き足したのだという説もあり。・・わかりません。そもそも「魏志・倭人伝」と遠く離れた1402年の地図を持ち出すことが間違い?



  • わざとボカしてある
    「歴史書」というものは真実を伝えるものではなく、「そう思わせたい」事が書かれてあります。
    「魏志・倭人伝」(元々は公文書ではなかったが、後に価値あるものとして認められた)を陳寿に書かせたのは、魏の王朝を奪った司馬氏(西晋を設立)です。つまりこの文書は司馬氏のために書かれたもの。
    司馬氏の意図を考えれば、何かが見えてくるかもです。


  • 沈んでしまった
    沖縄西南の海の中に、かなりの文明であったろう遺跡が発見されています(自然の岩がそう見えるだけという説もあり!)。
    邪馬台国は沖縄近辺にあって、もう沈んでしまったのかも。

    1. 「魏志・倭人伝」に「邪馬台国は会稽、東治の東にあり」とあります。沖縄の位置はこれに一致。
    2. 「暖かい気候であった」とあります。沖縄はこれに一致。
    3. 「倭は小島が転々としたところである」とあります。沖縄周辺はこれに一致。
    4. 男は入れ墨をしている、女性の王を立てるなど、邪馬台国の文化は中国とは別の要素がある。
      南方、東南アジアの影響が強いのではないか?となると沖縄あたりが有力候補となります。
      沖縄には「女尊男卑」の習慣があったという説もあり。
    5. なんとなく!邪馬台国のイメージが沖縄に合う!・・・これは私の勝手な幻想です。



このページのアタマに戻る





九州説、畿内説

  • 諸説ありますが、現在では「九州説」と「畿内説」このふたつに絞られてきた感じです。
    この二説、互いの支持者が激しい論争を繰り広げてきています。その理由の一つとして「学閥」の存在があるようです。九州派には東大卒の人が多 、畿内派には京大卒の人が多いそうです。

    九州は北から南、いろんなところが邪馬台国になってます。畿内は大和地方に候補地が集中してます。
    九州には福岡県権現塚はじめ「卑弥呼の墓」がたくさんあります。
    大和にも、奈良県桜井市に、「箸墓」という有名な「卑弥呼の墓」があります。

    九州派、畿内派、ともに、邪馬台国は卑弥呼の二代目の時に滅びたという説と、そのまま巨大化して大和朝廷になったのだというふたつに分かれます。
    今度は「大和朝廷派」と「消滅派」になるわけです。

  説明 証拠、説得力 反論
畿内
大和朝廷説
元々大和地方にあった。
勢力拡大してそのまま大和朝廷となった。
「魏志・倭人伝」の方角記述を修正、南を東と読む。

大和地方に卑弥呼の墓の有力候補あり(「日本書紀」に卑弥呼候補者多し)
大和地方から「卑弥呼の鏡(魏からもらった)」が多く出土している。
大和の邪馬台国がこの当時既に九州北部までも制圧していた巨大国家ということになる。これはちょっと早すぎる。
邪馬台国=大和であるなら「日本書紀」にはっきりそう書かれてあるはず。
出土した「卑弥呼の鏡」は偽物。実は日本製。
畿内
消滅説
大和地方にあったが、大和朝廷とは無縁。
あるいは大和朝廷に滅ぼされた。
「日本書紀」を熟読すれば伏せられたその事実が書いてあるのがわかる・・のだそうです。これに関しては後ほどゆっくり。
考古学的には機内大和朝廷派と同じ物証(古墳など)を頼る。
邪馬台国時代に既に古墳が作られていたとすると有利か。
「邪馬台国」はやはり「ヤマトコク」と読むべき、大和朝廷と無縁とは思えない。
滅ぼされたとするのはストーリーを作りすぎ。そこまでわかるわけない。
九州
大和朝廷説
九州にあったが東に勢力を拡大し大和地方に移動、
大和朝廷となった。
「魏志・倭人伝」の距離の記述を修正。

九州→大和侵攻は、「日本書紀」の記述、神武東遷と一致する。
「日本」の成立がすんなり説明出来る。
神武東遷はしょせん神話である。
滅びず勢力拡大したのならば、卑弥呼、台与以後も邪馬台国は中国史書に登場したのではないか?
いろんな説の都合のいい折衷案でしかない。
九州
消滅説
九州にあったが滅亡した。
大和朝廷、あるいは狗奴国が邪馬台国を滅ぼした。
狗奴国が東進し大和朝廷になったのだという説もあり。
卑弥呼を九州の一部族(例えばクマソ)の女酋長とする(そのモデルもいる)。
邪馬台国は滅び静かに歴史から身を引いたのである。邪馬台国は闇の日本古代史の中にぽつんとだけ光った線香花火でしかない・・。
そういうことではなんとなく寂しい。



  • おおざっぱに畿内説、九州説をとらえておこうと表にしたのですが、それぞれの説と「日本書紀」とのつじつまの話になってしまいました。
    日本の古代を語るとき「日本書紀」「古事記」を避けて通ることは出来ないようです。

このページのアタマに戻る






戻る